尖圭コンジローマは治療の仕方によって完治までにかかる期間が変わってきます。各治療の様子やどれくらいでコンジローマが治るのか、当サイトのご覧頂きより良い治療を受けてください。

薬を持っている男性とスマホを見ている男性
  • ホーム
  • 彼氏の性器に腫れがあったらコンジローマを疑う

彼氏の性器に腫れがあったらコンジローマを疑う

彼氏の性器に腫れのようなトゲトゲしたものができているというのを見つけたらすぐにでも性病科に行って医師の診断を仰いだ方が良いでしょう。
イボを見たことがない人には突起状の腫れにも見えてしまうのが尖圭コンジローマの特徴的な症状であり、カリフラワーやニワトリのトサカに似ているということも言われています。
腫れのような奇妙なできものが見られた場合には性感染症である尖圭コンジローマにかかってしまっている可能性が高く、専門医に見てもらうということが重要になります。
尖圭コンジローマは男性も女性もかかってしまうものですが、できものができてしまうだけで痛みや痒みなどをともなわないことも多く、女性の場合には膣内で発症していて外からは見えない場合もあります。
男性の場合に発症しやすい性器が露出していることから見つけやすいというメリットがあります。
そのため、女性が彼氏の性器に異常を発見するというパターンが比較的多く見られるのです。

概して女性の方が男性よりも性病についての理解があることから、彼氏が自分の性器の異常にそれほど関心を抱いていない場合もあり、女性からの指摘が重要になることも少なくありません。
尖圭コンジローマは感染力が高いことから、明らかな症状が生じている場合には女性側も感染しているリスクが高く、一緒に医療機関を受診するということが大切です。
進行するほどできものが大きくなり、数も増えて広がっていきます。
また、傷がつきやすいことから他の性病への感染リスクも高まるのが特徴です。
そのため、尖圭コンジローマに感染した場合には念のため他の性病についても検査を受けておいた方が無難であり、必要に応じて同時に治療を行っていくことが大切です。

関連記事